スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がん死亡率、順調に減少―厚労省が対策中間報告書(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は6月15日、「がん対策推進基本計画」の中間報告書を公表した。2007-11年度を対象にした同計画では、75歳未満の「年齢調整死亡率」の20%減少を今後10年間の全体目標として明記しているが、08年は05年比で5.6%減少していた。年に約2%減少しており、同省がん対策推進室では「順調に減少している」との見方を示している。

がん検診受診率、「なかなかショッキング」

 一方、死亡数は、75歳未満は05年が16万4553人、08年が16万192人で約4000人減ったのに対し、75歳以上は05年が16万1373人、08年が18万2748人で約2万人増えた。報告書では、老化に伴うリスクを補正した「年齢調整死亡率」だけでなく、死亡数の推移も75歳未満と75歳以上に分けて常に提示する必要があると指摘している。

■検診受診率「予断許さない」
 がん検診の受診率については、11年度末までに50%以上に引き上げることを目標としていた。04年と07年の国民生活基礎調査を比較すると、胃がん、肺がん、大腸がんの検診受診率は増加傾向を示しているが、07年は男女ともに20-30%台。また子宮がん、乳がんの「女性特有のがん」は小幅の増加で、07年は20%台前半にとどまった。
 報告書では検診受診率50%の目標について、「これまでの対策のみで達成できるかどうか、予断を許さない状況」との認識を示した上で、がん対策推進協議会などの関係者の意見を聞きながら、受診率の向上のため一層の努力を図る必要があるとしている。


【関連記事】
昨年のがんによる死亡数、過去最多
HPVワクチン接種と検診受診率向上で要望書
がん検診受診率、「なかなかショッキング
「がん対策」予算は79億円増の316億円
がん検診50%には「国民の理解が必要」―舛添厚労相

武蔵大学で採点ミス 5人が追加合格(産経新聞)
口蹄疫 菅首相が宮崎入り 畜産農家で消毒作業視察(毎日新聞)
亀井氏が閣僚辞任へ(時事通信)
無許可で診療所を開設、医師の指示なく点滴などの医療行為を行った容疑者逮捕/神奈川県警(カナロコ)
両陛下、愛知で老化の研究機関をご視察(産経新聞)
スポンサーサイト

国民年金納付率、過去最低更新へ=09年度、2月分までで59.4%(時事通信)

 厚生労働省は1日、2009年4月~10年2月分の国民年金の保険料納付率が前年度同期比2.1ポイント減の59.4%になったと発表した。保険料は前納でまとめて納付することが多いため、3月分の納付率が大幅にアップすることは見込めず、09年度の納付率は過去最低となった08年度の62.1%を下回ることが確実な情勢だ。納付率が前年度を下回るのは4年連続。
 納付率が低下を続ける背景には、不況に伴い勤めていた企業を解雇され、国民年金に加入したものの保険料が払えないケースが増えていることや、年金記録問題に対する不信感が払しょくされておらず、支払いを拒否する例が依然多いことなどがあるとみられる。
 加えて、同省は「最優先課題の年金記録問題に人員をシフトし、保険料徴収に人を割けなかったことが要因の一つではないか」(年金局)と分析。納付率低下の原因を究明した上で、徴収体制強化などの対策を講じる考えだ。 

【関連ニュース】
年金保険料などを免除・猶予=口蹄疫対策で
賠償26億円に大幅減額=西武鉄道株名義偽装
年金減額「適法」確定=りそな銀退職者の上告退ける
民主公約の基本概念
「4年後までに信頼回復」=年金記録漏れ問題で

首相と谷垣氏がさや当て=日医パーティーで(時事通信)
菅、樽床氏の争いへ=4日に民主代表選(時事通信)
<ハンセン病>教訓を政策に…3省の合同検討チーム発足へ(毎日新聞)
菅氏が正式出馬表明=民主代表選(時事通信)
退陣前にねぎらい次々=鳩山首相(時事通信)

<稲穂>枝増やす遺伝子を名大チームが発見 最大52%増も(毎日新聞)

 イネの穂の枝分かれ数を大幅に増加させる遺伝子を、名古屋大の研究チームが発見した。実験では「日本晴」の1株当たりの米粒数を最大52%増加させることに成功。小麦やトウモロコシにも応用できる可能性があり、研究チームは穀物の増産につなげられるとしている。23日付の米科学誌「ネイチャー・ジェネティックス」(電子版)で発表した。

 研究チームの芦苅基行・同大生物機能開発利用研究センター教授(植物分子遺伝学)らは、穂の枝分かれの数が日本晴より約3倍多い品種から、最初の枝分かれである1次枝梗(しこう)の数を決める遺伝子を特定した。

 日本晴にこの遺伝子を導入したところ、約11.6本だった1次枝梗数が21.4本に増加。1株当たりの米粒の数は2232粒から3142粒へと約41%増えた。さらに、芦苅教授らが05年に特定した米粒数を増加させる遺伝子も導入すると、1次枝梗数は23.8本、米粒数は3396粒と約52%も増えた。

 芦苅教授は「これらの遺伝子を利用するとイネの収量を劇的に増加させることができる」と期待している。【福島祥】

【関連ニュース】
遺伝子組み換えナタネ:港から国道沿いに自生 愛知で確認
京都大iPS細胞研究所:公開…分散していた研究拠点集約
ネアンデルタール人:ヒトと混血の可能性 ゲノムを解析
幹細胞:政府の姿勢を「研究阻害」と批判…京都大准教授
iPS細胞:臨床研究で使用可能に 厚労省専門委が指針案

降雨 西日本で土砂崩れ、通行止め(毎日新聞)
秋葉原無差別殺傷 きょう第9回公判 被告取り押さえた警察官が証言(産経新聞)
パラ五輪で金5個の河合氏「みんな」から出馬…二刀流には「NO」(スポーツ報知)
小沢氏「言う必要ない」 静岡県連への活動費支給停止(産経新聞)
自動車学校教官が事故、教習トラックで男性はねる(読売新聞)

展覧会 「語りかける風景」展 東京・渋谷で開幕(毎日新聞)

 フランス・アルザス地方のストラスブール美術館が所蔵する風景画のコレクションを紹介する展覧会「語りかける風景」(Bunkamura、毎日新聞社主催)が18日、東京都渋谷区のBunkamuraザ・ミュージアムで始まった。訪れた人は、ヨーロッパの田園や水辺、都市などの風景画に熱心に見入っていた。

 コロー、モネ、シスレーからピカソまで、印象派を中心とした巨匠59人による風景画81点が公開されている。八王子市から訪れた主婦の女性(55)は「とても春らしく、緑や空の美しさが描かれていてきれいでした」と堪能していた。

 7月11日まで。当日券は一般1400円、大高生1000円、中小生700円。会期中は無休。問い合わせは同ミュージアム(電話03・3477・9413)。【野口由紀】

【関連ニュース】
風景画:ストラスブール美術館所蔵展内覧会 東京・渋谷で
フランダースの光展:ベルギー美術を展示 7月から各地で
生きる:小児がん征圧キャンペーン 2010コンサート 森山さん・渡辺さん対談
「語りかける風景」展:内覧会で巨匠の作品披露
展覧会:「ベルギーの村の風光楽しんで」

「振り込め」撲滅 橋幸夫さん訴え(産経新聞)
北朝鮮で生存確認、「寺越さん死亡」を取り消し 海保(産経新聞)
車振り落とし殺人、出頭の男2人逮捕 京都・福知山(産経新聞)
仕分け後半戦、約70法人決定へ=宝くじ協会など82事業―刷新会議(時事通信)
「辺野古周辺」明記へ=負担軽減で環境特別協定-普天間政府案(時事通信)

両陛下、五輪入賞者招き茶会(時事通信)

 天皇、皇后両陛下は10日午前、バンクーバー五輪で銀メダルを獲得したフィギュアスケート女子の浅田真央選手(19)ら入賞者や大会役員50人を招き、皇居・宮殿で茶会を開かれた。
 茶会には皇太子さまや秋篠宮ご夫妻ら皇族方も出席。天皇陛下は「日々努力を重ねてこられた姿は多くの人々に深い感動や励ましを与えたことと思います。どうかこの経験を生かし、将来へ向かって力強く歩まれるよう願っております」とあいさつし、選手たちをねぎらった。
 ほかに招待されたのは、フィギュアスケート男子銅メダルの高橋大輔選手(24)や目黒萌絵選手(25)らカーリング女子チーム、フリースタイルスキー女子モーグル4位の上村愛子選手(30)ら。 

【関連ニュース】
【特集】バンクーバー冬季五輪
フィギュアスケート特集09-10
「酒飲み聖火ランナーのまね」=JA侵入、ほうき燃やす
フィギュアの浅田を引き続き支援=森永製菓
「銀」の長島に特別栄誉賞=ドリカム吉田さん以来

舛添氏提案の“野合”には乗らず(産経新聞)
生活保護費、国が負担を 区議長会、首相に要望(産経新聞)
<ひこにゃん>商標使用は有償に…滋賀・彦根市(毎日新聞)
弁護士増に対抗 「士業者」連携 顧客つかめ 司法、行政書士ら横断型サイト(産経新聞)
偽シャネル製品販売目的所持の会社社長ら逮捕 515万円売り上げ 警視庁(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。