スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手鏡箱 龍馬の? 「KAIENTAI」彫られ 京都(毎日新聞)

 京都市北区の寺院、閑臥庵(かんがあん)で「KAIENTAI」(海援隊)や「GOOD LUCK」(幸あれ)などの文字が彫られた手鏡箱が見つかり、公開されている。江戸時代末期の品とされ、坂本龍馬のイニシャルと同じ「SR」の文字も刻まれているため、ファンの夢を膨らませている。【五十嵐和大】

 手鏡箱は漆塗りで直径約24センチの円盤に柄が付いた形。ふたの表面に「JULY」(7月)の文字や海援隊の隊旗らしき絵も見える。寺の言い伝えでは、1877(明治10)年ごろ、同志社英学校に学んだジャーナリストの徳富蘇峰が寺を訪ねた際に見つけ、当時の住職に保管を勧めた。その後、行方不明になったが、08年の倉庫整理で発見したという。

 口承以外に由来を示すものはないが、1867年11月に暗殺された龍馬が7月ごろ、京に滞在していたのは確か。閑臥庵の山田英樹執事(47)は「寺は御所の北の守り神。航海の道しるべの北極星になぞらえ、安全を願ったのかも」と推測する。

【関連ニュース】
雑記帳:龍馬も飲んだお酒再現、幕末のこうじ菌使う 長崎
注目ドラマ紹介:「新撰組 PEACE MAKER」 イケメン続々、ポップな幕末青春活劇
今週の本棚・新刊:『幕末日本と対外戦争の危機』=保谷徹・著
咸臨丸150年:勝海舟ら乗せ太平洋横断 幕府使節団が米国へ
リーガロイヤルホテル京都:龍馬ゆかりの地巡る 宿泊プラン2種売り出し /京都

【思いを託す JR脱線・被害者へ】(1)長女を失った木下建一さん(43)(産経新聞)
毒ギョーザ事件、日中警察会議始まる(産経新聞)
トキ 雌が卵1個を巣の外に捨てる 残る2個にふ化可能性(毎日新聞)
【新・関西笑談】さらば火の玉流(3)将棋棋士九段 有吉道夫さん(産経新聞)
本屋大賞に冲方丁さん「天地明察」(産経新聞)

沖縄知事、県内移設反対集会に出席=20日表明-普天間(時事通信)

 沖縄県の仲井真弘多知事は19日、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の県内移設に反対する25日の県民大会に出席する意向を固めた。仲井真知事は20日に県議会与党の自民、公明両党の県連幹部に説明し、同日中に表明する考えだ。
 仲井真知事は、同県名護市の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部に移設する現行計画を容認していたが、1月の同市長選で受け入れ反対派の稲嶺進氏が当選したことなどを受け、県内移設反対に軸足を移しつつある。県内移設阻止を狙った集会に同知事が出席することで、政府が検討しているシュワブ陸上案は実現へのハードルが一段と高まることになる。 

<交通事故死者数>春の全国交通安全運動期間中は96人(毎日新聞)
JR脱線事故直後、救助に走った男性 あの惨状語り継ぐ(産経新聞)
首相動静(4月18日)(時事通信)
プロバイダーの賠償責任を否定 最高裁が初判断(産経新聞)
「何よりも鳩山内閣打倒」舛添氏の発言要旨(読売新聞)

市長が文書で陳謝、学校医への協力も要請―山梨・上野原(医療介護CBニュース)

 山梨県の上野原市立病院の建て替え計画をめぐり、江口英雄市長と地元の任意団体「上野原医師会」(渡部一雄会長)が対立し、4月1日から市内の小中学校などで学校医が不在となっている問題で、江口市長が14日夕に渡部会長の元を訪れ、「医師会への十分な配慮が不足していたことに心からお詫びする」とする文書を手渡していたことが分かった。文書では、「新病院建設問題と児童・生徒の健康保持に関わる学校医の問題は別次元」とし、学校医への協力を求めている。医師会側は16日夜に市内で定例会を開き、今後の対応を協議する方針。(敦賀陽平)

 江口市長と渡部会長は7日夜、医師会側が市長に抗議文を提出した2月以降初めて市内で会談。その際、渡部会長は学校医の委嘱を受け入れる条件として、医師会側の要望に沿った形で声明を出すことや、16日の医師会の定例会で会員に謝罪することなどを求める文書を市長に手渡し、回答期限を15日正午までとしていた。

 市長は文書で、新病院建設について「公正・公平及び透明性をもって進めている」とし、医師会側に理解を求めるとともに、学校医への協力要請で「医師会への十分な配慮が不足していた」と陳謝した。ただ、あくまで医師会の要求書に対する市の「方針」を伝えたもので、医師会側の要求に対しては「ゼロ回答」だった。定例会については、欠席することを市教委の大神田光司教育長を通じて会長に伝えたという。

 医師会側は、昨年末の議会答弁で市長が、「地元の医師会をはじめ、(指定管理者の)地域医療振興協会との協力体制を軸として、議員の皆さん方のご支援を頂き、(平成)24年(2012年)春には開院できますよう、スピード感を持って魅力ある病院づくりを目指してまいりたい」と述べたにもかかわらず、市外在住者が過半数を占める病院設計業者の「選定委員会」を設置したとして、2月下旬に抗議文を市長に提出。同委員会は3月28日に設計業者を決定している。


【関連記事】
学校医不在で市長と医師会長が会談―山梨・上野原
医師会と市長の対立が泥沼化、学校医不在にー山梨・上野原
山梨・上野原市立病院の建て替えめぐり紛糾
公立病院の経営改善事例集を公表―総務省
病院の規模で収入傾向が2極化―帝国データ

火山噴火 全日空、日航が一部便を欠航(毎日新聞)
菅財務相「小泉さんも逃げた」 消費税引き上げ(産経新聞)
園田氏「郵政民営化は守る」(産経新聞)
舛添新党不発…“重大発表”予告にマスコミ集結も肩すかし(スポーツ報知)
間寛平さん アースマラソン一時中断 米で治療(毎日新聞)

厚労省室長、ウソ人事情報で部下から100万(読売新聞)

 厚生労働省は13日、部下である男性職員にウソの人事異動情報を伝え、100万円を受け取ったとして、統計情報部企画課の統計企画調整室長(56)を停職3か月の懲戒処分にしたと発表した。

 室長は同日付で大臣官房付とされた。室長は「急にお金が必要になった。取り返しのつかないことをしてしまった」などと話し、同日、退職願を提出した。厚労省は「だまされた職員に告訴の意思がない」として、同省としても告発しない方針という。

 同省によると、室長は先月16日、統計情報部の職員に対して、「4月の人事で地方に行くことになった」とウソをついた上、一定の現金で異動を回避できるといった趣旨の提案をした。

 この話を信じた職員は翌日、現金100万円を室長に手渡した。今月7日になってこの職員が不審に思い、同僚を通じて幹部に相談して発覚。室長は事実関係を認め、8日に全額を男性職員に返却した。

「産科危機的出血」でSI応用した対応GL発表―麻酔科学会など(医療介護CBニュース)
大阪・天王寺で2人組ひったくり(産経新聞)
事業仕分け 支持率低下で政権浮揚の頼みの綱に(毎日新聞)
<窃盗容疑>新幹線グリーン車ですり、61歳男逮捕(毎日新聞)
大阪市が貧困ビジネス排除策 業者より先に生活保護者を囲い込み(産経新聞)

<南房総市長選>石井氏が無投票再選 千葉(毎日新聞)

 南房総市長(千葉県)選で石井裕氏(44)=無現=が無投票で再選。

<大阪府議会>橋下知事支持の新会派発足…総勢22人(毎日新聞)
楽天戦で大量殺人する…大学生、2ちゃんねるに(読売新聞)
光明皇后しのび 法華寺で大遠忌(産経新聞)
張が3連勝で初防衛=囲碁十段戦(時事通信)
中国電社長、知事らに謝罪=島根原発の点検漏れ問題(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。